中国・朝鮮の入竺僧


 記録によると中国で最初の入竺僧は東晋の法顕(ほっけん)をもって嚆矢とされる。中国では4世紀の末から8世紀にかけて名前が残っている入竺僧だけでも169名いる。無名の僧を加えると千名を超えるといわれる。玄奘や義浄は盗賊に会って、身ぐるみは剥がされが命は助かったが、中には命を落とした者もあっただろう。あるいは高山病、飢餓、猛獣に襲われるなど、道の途中で倒れた者も数多くあったに違いない。
その頃天竺への道は大きく分けて三つの道があった。タクラマカン砂漠を通ってパミール高原、ガンダーラへ抜ける『中央アジアコース』と、青海省からチベット、ネパールを越える『吐番(とばん)コース』と、海路スマトラ島を経由して東インドのトルムク(タームラリプティ)へ着く『海南コース』である。
実はあまり知られていないもう一つのコースがあった。義浄によるとナーランダの東には支那寺(しなじ)があって、蜀からきた中国僧の為にシュリグプタ王が建立したことを言い伝えている。その僧達は雲南ルート(西南シルクロード)で来たのである。それは蜀(今の四川省)から貴州の貴陽を経て大理、ミャンマーのバモーからインパール経由でインドのアッサムへ抜けるルートだった。
次に中国の特に有名な三名の入竺僧を表にしてみた。いずれも苦難の旅の末、無事に帰国して記録を残している。


四川省『報恩寺』千手観音

名前 年代 ルート
東晋の
法顕
(ほっけん)
337〜422
60才をすぎ
て出発、
往路 
西域南道 
陸路
帰路 
セイロン島 
スマトラ島 
南海路 
15年後帰国
の時は80近く
だった。
唐の玄奘
(げんじょう)
602〜664
27歳で出発
往復陸路 
中央アジア
17年間後に
帰国
唐の義浄
(ぎじょう)
635〜713
37歳で出発
往復海路 
スマトラ 
東インド 
トルムク
24年後に帰国

 中国の義浄が著した「大唐西域求法高僧伝」には八名の朝鮮求法僧が記録されているが、その中で名前が残っていない二名の新羅僧は船に乗ってスマトラの西バロス国で病没している。入竺した朝鮮僧のほとんどは生国に戻れなかった。高句麗の阿離耶跋摩(アーリヤヴァルマン)はインド名しか伝えられていない。彼らが帰れなかったのかそれとも自分の意志で帰らなかったのか理由はわからない。

百済の謙益
(ギョムイク)
526 南海路 526年百済に帰国
百済の義信 6世紀 南海路 無事に百済へ帰国
新羅の玄太
(ヒュンテ)
7世紀 陸路
チベット
ネパール陸路
中国で没
新羅の慧業
(ヘオプ)
7世紀 不明 60余歳
ナーランダ寺で没
高句麗の
阿離耶跋摩
7世紀 不明 70余歳
ナーランダ寺で没
高句麗の玄遊
(ヒョンユ)
7世紀 南海路 スリランカで没
新羅の玄挌
(ヒュンカク)
7世紀 不明 40歳
中インドで病没
新羅の慧輪
(ヘユン)
7世紀 不明 西域トカラで
消息不明
新羅の慧超
(ヘチョ)
704〜787 南海路 
帰路
中央アジア
83歳中国で没

参考文献 

「仏教文化の原点をさぐる」西川幸治著 日本放送協会
「インド・道の文化誌」小宮正捷他著 春秋社

インド・道の文化誌

玄奘三蔵


Copyright (C) Ihatov Institute of Integral Body & Mind all rights reserved