私は誰か?


私たちは普通、肉体の感覚や行動と同一化しているために、肉体を自分と思っている。ラマナ・マハリシはこの「私は肉体である。」という感覚が問題だという。あらゆる肉体の感覚、物事を考える思考も私ではない。では「私は誰か?」という問いにマハリシは「これではない」「これではない」と取り除いって最後に残る自覚、それが私だという。そして「私は誰か?」と問う以外に自己を探求する方法はないと断言する。ラマナ・マハリシにはサイババの様な超能力現象を見せる事もなく、ヨーガや呼吸法でもなく。難しい哲学や教典もなく。弟子をとるイニシエーションもなかった。「私は誰か?」ただこの簡単な問いと沈黙の眼差しだけで大勢の探求者達を覚醒に導いたといわれる。最近他界したプンジャジもその一人だった。

マハリシの「自己」や「真我」と訳されるている『セルフ』はアートマンを指している。ウパニシャッド哲学では小宇宙である人間の本質、真我、アートマンと大宇宙の本質であるヴラフマンは同一(梵我一如)であるとされる。このような不二一元論をアドヴァイタという。自己実現にいたる道には神への信愛(バクティ)、神への洞察や理解といった智性(ジュニャーニ)の道があるがラマナ・マハリシは自分はジュニャーニンだと認めていた。

『この我は、ただ「非也、非也(あらず、あらず)」と説かれるのみ。』
          ブリハット・アーランヤカ・ウパニシャッドより


Copyright (C) Ihatov Institute of Integral Body & Mind all rights reserved